• 中村 顔合わせは、クランクインの1か月くらい前でしたね。そのときにちょっとお話させてもらっただけで、おお、この役者はやってくれる、という雰囲気を感じました(笑)。
  • 生田 ありがとうございます(笑)。でも、僕は、衣装合わせのときの方が印象に残っています。普通だったら早々に作業に入るシチュエーションなんですけど、中村監督は「最近どうですか?」「何してんスか?」みたいな話をいろいろ振ってきて、衣装合わせが全然始まらない(笑)。僕も、これはトークタイムなんだと理解して、一緒になって話していたんですけど、いい具合に盛り上がっているところで、「じゃあ、やりましょっか」という感じで、スルスルっと作業に入って。それが本当に自然で、仕事なのに仕事じゃないような雰囲気を作られる監督さんなんだなと思いました。
  • 中村 自分では、雰囲気とかを意識して作っているわけではないんだけど、日本一無駄口が多い撮影チームであることは確か(笑)。ただ、それはスタッフが無駄口を叩いていられるくらい、そこに至るまでに準備しているということ。みんな現場に集まるまでに作品のことをしっかり考えてきている。各パートのスタッフが、これをやりたい、ここはこうしたいというビジョンをしっかり持っているから、現場でやることって実はそんなにないんです。それは、撮影現場でも同じ。ただ、ウチのスタッフはみんな空気を読める人たちなので、役者さんの気持ちがずれるほどはうるさくないはず(笑)。
  • 生田 そうですね(笑)。スタッフ一人ひとりの本気が詰まったチームであり、ひとつの家族のような雰囲気も持っているのが中村組だと思います。そのアットホームさに、僕自身かなり助けられました。僕は最初のころずっと、ネットカフェにこもりながらシンブンシをかぶって、予告ばかりしていたんです(笑)。それは、かなり孤独な戦いでした。そういうシーンでも、スタッフの方々が盛り立ててくださって。中でも一番、現場の空気をけん引していたのが、誰であろう中村監督。撮影中、「○○は」というせりふを、「○○が」と言い間違ってしまったことがあって、普通なら「もう一回」で済む話なんですけど、監督はわざわざ離れた場所から駆け寄ってきて。僕に台本を見せながら、「“は”じゃなくて、“が”なんですけど。ちゃんとやってもらっていいですか?」みたいな、怒られコントが始まる(笑)。
  • 中村 好きなんだよね、そういうくだり(笑)。僕の中には、“自分はこうやりたいんです俳優”を相手にしているという設定があって。でも、ああいうことをやるのは、僕の中でもなかなかない。
  • 生田 役者としては「スミマセン!」と謝るしかないですからね。しかも、そのコントが長い(笑)。もういいだろうというくらいやってましたよね。でも、帰りがけにポロっと、「あそこのトーンはちょっと落としてください」とか大事なことを言う。無駄口の中に、ちょっとだけ本当のことを入れてくるのが監督流。だからこそ、僕自身、集中力を保っていられたんだと思います。
  • 中村 毎作品違う一面を見せてくれる役者だなという印象です。演じているキャラクターが違う訳だから、それは当然と言えば当然のことなんだけど、実は一番それが難しい。斗真くんは、その難しいことがさらっとできてしまう俳優。
  • 生田 監督にそう言っていただけると、すごくうれしいです。僕は結構欲張りですし、飽きっぽいところもあるので、コメディーをやったらハードなものをやりたいなと思うし、ハードなものをやったらラブストーリーもやりたいなと思うタイプなんです。だから、違う面が見せられる役者と言っていただけるのは、僕には最高のほめ言葉です。
  • 中村 実際、演技している斗真くんを間近で見て、その評価はさらに上がりました。自分を殺して、カメラの前でちゃんと役として生きてくれる役者。そのことを再確認しました。
  • 生田 中村監督の印象は、とにかく面白い作品を作る監督さんだなと。以前から、こういう作品を作る監督さんの現場って、どんなものなんだろうとすごく興味を持っていたんです。実際は、すごく無駄口の多い現場でびっくりした(笑)。でも、その理由はすぐに分かりました。さっきも言ったように、監督は面白い話の中に本当のことを混ぜてくる。そうしてくれると、役者としてもリラックスできるし、気持ち的にも乗っていける。今になって振り返ると、監督のてのひらの上でうまいこと転がされているんだけど、そのことにさえ気づいていないような日々だったなと思います。
  • 中村 ネットの中で祀り上げられていくカリスマ的な部分は、最初からできると思っていたんですけど、その前の(奥田が)どんどん落ちていくところは、正直どうだろうと思っていました。でも、実際に撮影が始まるとすぐ、ああ、できるんだなと。
  • 生田 IT会社のところですよね。監督から、「空気が読めないやつ」「ちょっとうざいやつ」といったヒントをもらいながら、役を作っていきました。
  • 中村 斗真くんは、生まれながらのスターのような人間なのに、ああいう気持ちがなぜ分かるのか。どうしてそれを演じられるのか。考えたときに、きっと斗真くんにも、そういう引き出しはあるんだろうな、と。周囲から何も期待されなかった一瞬。誰もが持っているような、心に刺さったトゲ。いつの記憶か分からないけど、斗真くんにもそういう時があって、その感情をちゃんと覚えていた。今回は、その引き出しを開けたということなんじゃないかと思う。
  • 生田 それは、僕の中でも漠然としているというか、解釈が難しいところですね。あのときの記憶を呼び起こして…とか、考えてやっていたわけではないので、自分では正直分からないです。
  • 中村 意識にのぼらないレベルで、消化しているのかも。少なくとも、思い出したり考えたりしながら、技術でやっていた芝居には見えなかったし、感情がちゃんと乗っていた。でないと、滝藤(賢一)さん演じるIT会社社長とのやり取りの中で、あの表情はできない。ひとつの作品で、カリスマにもなれれば、ダメなやつにもなれる。役者としての振り幅は、やっぱりすごいなと思います。
  • 生田 自分ではない何者かになれる瞬間でしたし、演じていて興奮しました。きっとゲイツもそうだったんだろうと思います。だからこそ、予告動画を作っているうちに、アクションが大きくなったり、声のトーンを変えてみたり、ゲイツの中でもエンターテインメントとして広がっていった。ちょっとした高揚感があったんだと思います。
  • 中村 顔がほとんど見えていないから、重要なのはやっぱり目の芝居だったんだけど、斗真くんはそれが素晴らしかった。あの目はなかなかできない。覆面のシーンひとつ取っても、ゲイツという役を任せて良かったなと感じました。実際、現場でも、僕からの指示や要望ってほとんどなかったよね。
  • 生田 細かい助言はいただきましたけど、僕と監督の中で、ゲイツという人間に同じものを見ていた感覚があったから、認識にずれはなかったですね。
  • 中村 そうだね。だから、僕としては安心して任せていた。生田斗真がやるゲイツが、ゲイツそのものという感覚でした。
  • 中村 4人全員が顔を合わせたのは、今回が初めてだったんだけど、元々誰と誰があの作品で一緒だったという感じで、繋がりはあったんだよね。
  • 生田 そうですね。だから、打ち解けるまでに、そんなに時間はかかりませんでした。現場では、本当にくだらない話ばかりしていましたね。鈴木亮平の筋肉講座とか(笑)。4人で一緒にお酒を飲むと、荒川良々(よしよし)ならぬ、“荒川悪々(わるわる)”が出てきたりして(笑)。
  • 中村 本当に楽しそうにやっていたよね。チームの雰囲気ができていたから、シンブンシたちのシーンも、ほとんど4人に任せていた。アドリブも結構、お任せでしたよね。
  • 生田 とはいえ、ベラベラしゃべるのって、カンサイとメタボだけですから、ゲイツとノビタは2人の会話をニコニコ笑って見ているしかない(笑)。
  • 中村 ああ、役的にね(笑)。
  • 生田 カンサイとメタボが頑張ってくれました(笑)。
  • 中村 でも、今思い返しても、荒川良々って役者は、いろいろな意味で想像を絶しているよね。毎回、驚かされる。
  • 生田 本当にそうですね。嘘だろ?っていうアドリブを放り込んできますから。本番中に笑いをこらえるのに必死ということが何度もありました(笑)。
  • 生田 とてもいい映画だと思います。僕自身、すごく好きな映画。作品を観た多くの関係者に、「これは生田の代表作になる」と言っていただけるので、素直に「やった!」という感じです(笑)。
  • 中村 毎作品、最後に音の仕上げをやった後は、完全に手を離れてしまうので、監督としても何もできない状態になるんですね。ここ最近は、何もできないなら次の作品に向かおうと思って、気持ちをスパっと切り替えるようにしていたんですけど、この作品だけは今でも引きずっています。この感覚は久々で、(2007年公開の)『アヒルと鴨のコインロッカー』以来じゃないかな。なかなか自分の中で終われない。それは、題材とかテーマじゃなく、自分の中に響いたものを、ちゃんと成立させようとする努力が、全部うまくいったからなのかもしれない。
  • 生田 そうですね。僕も、もっとこうすれば良かったとか、あそこはこうできたんじゃないかとか、思い残すところがひとつもない作品です。
  • 中村 観に来てくれた方の感想を聞くのが楽しみだよね。スタイリッシュなクライムサスペンスというイメージで劇場に足を運んでくれる方が多いと思うんだけど、いい意味でその期待は裏切られていくと思う。
  • 生田 そうですね。サスペンスを観に来たはずが、いつの間にか泣いちゃっていた…とか。ぜひ、感想を聞いてみたい。この作品が皆さんにどう受け止められるのか、とても楽しみです!

1970年8月25日、茨城県出身。
成城大学在学中に8ミリで撮った短編『五月雨厨房』がぴあフィルムフェスティバルで準グランプリを受賞。大学卒業後、崔洋一、伊丹十三、平山秀幸らの助監督を経て、1999年、自主製作映画『ローカルニュース』で監督デビュー。『仄暗い水の底から』(02年、中田秀夫監督)、『クイール』(04年、崔洋一監督)などに脚本参加する一方、07年、映像化不可能と言われた伊坂幸太郎の小説『アヒルと鴨のコインロッカー』を監督、大ヒットに導き、一躍注目される。
近年の監督作品は『チーム・バチスタの栄光』(08)、『ジャージの二人』(08)、『フィッシュストーリー』(09)、『ジェネラル・ルージュの凱旋』(09)、『ゴールデンスランバー』(10)、『ちょんまげぷりん』(10)、『映画 怪物くん』(11)、『ポテチ』(12)、『みなさん、さようなら』(13)、『奇跡のリンゴ』(13)とコンスタントに作品を製作、発表。力強い演出で心温まる人間ドラマを描き、高く評価されている。2014年は『白ゆき姫殺人事件』を発表。